お医者様のお仕事探し、便利情報

医者不足は今や全国的になっています。都心でも、医師を捜す病院も多くなってきております!

TOP > 医師求人 医師募集 医師バイト > 医師募集における医師バイト 医師バイトで必要になる書類

目次

  1. 医師バイトで必要になる書類とは
  2. 常勤の医師バイトの仕事内容
  3. 医師バイトと先生方とのかかわり
  4. 人気の医師バイトとは
  5. 経験とスキルアップを目指す医師バイト
  6. 多くの若手は医師バイトをしています
  7. 資格取得を目指せる精神科からの医師の求人

医師バイトで必要になる書類とは

医師バイトをする際に必要となる書類には、医師免許証と本人を確認する証明書が必要になります。本人を確認する証明書は、運転免許証やパスポートなどで代用することができます。これらの書類の他に履歴書と職務経歴書が必要になりますので、事前に作成しておくことが必要です。

医師バイトに応募する際の履歴書には、学歴と職歴、免許と資格などを記入することになります。学歴は高校入学から記載し、入学した年月と卒業した年月を記載します。年号は和暦でも西暦のどちらでも構いませんが、間違いのないように、正確に記入することが必要です。

職歴は基本的には常勤で働いた勤務先だけを書けばよく、非常勤で働いた勤務先は書かなくても大丈夫です。ただし、これまで常勤で働いた経験がない方は、非常勤の勤務先についても記入します。免許は医師免許を取得した年月を記入し、資格はこれまで取得した資格を記入するようにします。専門医の資格を取得している医師は、所属している学会についても記入します。

初めて医師バイトをする方は、履歴書や職務経歴書の書き方がよくわからないことがあります。その場合は、医師求人サイトのキャリアコンサルタントに相談すると、履歴書や職務経歴書の書き方について教えてもらえます。

医師バイトに関連する記事

常勤の医師バイトの仕事内容

医師の働き方は大きく分けると、自分で開業する方法と病院などの医療機関に就職する方法の二通りがあります。少し前までは医師免許を持っていている人は、医療機関に就職し専属医師として働くのが普通でした。最近では社会の高齢化に伴い、医療現場の事情も様変わりしていることもあり、医師でもバイトとして働くことが珍しくなくなっています。

医師バイトでの働き方は通常は非常勤医師という形態のことが多いですが、この辺の括りというのは曖昧なのが現状です。

平成26年4月に発行された厚生労働省医政局の「医療法第25条第1項の規定に基づく立入検査要綱」という指針では、病院が定めた勤務時間全てを勤務する者を常勤医師とするとあります。そのような医師は、通常では大体が正社員になりますが、病院の判断では医師バイトと分類されることもあり得ます。

医師バイトは勤務時間に違いがあっても、業務内容にそれほどの違いはありません。患者の診察や治療に対する姿勢は変わりませんから、バイトといっても責任感が問われます。

ですが正社員でないと待遇の点での違いが出てくるのが現状です。それで医師バイトを探す時にも、情報に通じた医師専門の就職エージェントの助けを得て、良い医療機関を選ぶことが大切です。

医師バイトと先生方とのかかわり

医師バイトを始めるにあたり、勤務先の先生方とのコミュニケーションを重視することが大きなポイントとして位置付けられています。そこで、事前に名医が在籍している医療機関の特徴を調べることによって、初心者であっても、理想的な働き方を選ぶことができるようになります。

また、医師アルバイトの仕事内容や勤務先の選び方に関しては、一般の求職者にとって、判断しにくいところがあるため、前もってキャリアコンサルタントなどから助言を受けることも良いでしょう。その他、同僚の先生方から定期的にアドバイスをもらうことが望ましいといえます。

メニュー

HOME   医師募集   医師求人眼科   医師求人   医師求人精神科   医師転職   医師バイト   スクラバー   散気管

医師求人、医師転職、医師募集、医師バイト、非常勤医師アルバイト、スクラバー、散気管について興味のある方はこちらを見てください。

医師求人、医師転職、医師募集、医師バイト、非常勤医師アルバイト、スクラバー、散気管の記事以外のお問い合わせはこちら

人気の医師バイトとは

一般的には病院などで働く勤務医が、本来の勤務のほかにアルバイトをするケースをよく見かけます。これは慢性的な医師不足、特に200床以下の中規模病院で特にその現象がであり医師バイトの需要が高いです。需要の高い診療科は地域によって若干の違いはあるものの、産婦人科、小児科といった全国各地で慢性的に医師が不足している診療科の需要が高いようです。

特に必要とされているのが夜間の救急医療の医師バイトで、バイト料も高くなっています。ただし報酬額が高いだけあって、非常に忙しく産婦人科などは医療訴訟のリスクも大きいです。そして内科も夜間救急医療のための医師バイトの需要は高く人気の高い診療科です。そんな中で報酬が飛びぬけて高額なのが、麻酔医です。というのも麻酔医は大規模で手術件数も多い病院はその需要も多いため、常勤の麻酔科医を雇う必要がありますが、手術件数がさほど多くない病院では常勤の麻酔科医を雇うほどの必要がないため、手術の都度麻酔を行ってくれる麻酔科医の必要性が高くなります。

したがって需要と供給の関係から報酬額は非常に高く、手術1件あたり6万円~8万円にもなっているようです。したがって1日に麻酔を2件行えばその倍の収入があるわけで、他の診療科と比べると格段の違いであり、最も人気の高い診療科といえるのではないでしょうか。

経験とスキルアップを目指す医師バイト

医師バイトにおいては多くの需要があり、時給も一万円以上が相場となり条件がより良い求人となっています。また、スキルアップする場合においても、常勤では経験できない診療科目を選ぶことでスキルアップをすることが可能になります。

掛け持ちをおこなう医師においては、ハードになってしまう可能性もありますので、しっかりと健康状態を維持し務めていくことです。医師バイトにおいては、スポットで一回限りの医師求人もありますので、そのような求人をまずは利用することをおすすめします。

インターネットでの医療用求人サイトを利用することで、自分にあった求人を探すことも可能になるでしょう。

多くの若手は医師バイトをしています

多くの若手の医者が、医師バイトをしています。なぜバイトをするかというと、いろいろな職場で働くことによって、いろいろな技術や知識を身に着けることが出来るからです。

大学病院などでは器材が揃っていますが、地方病院などにいくと、器材がないので代替え機を使用したりします。そういったことを、身に着けていき自分がどのような分野が得意なのか、どんな医療をしたいのかを、見直していき将来につなげていきます。

若い時に大学病院に勤務をして、一人前になってから地方病院にいき、技術を磨く医師がとても多くいて地域活性化につながっています。

精神科の医師募集を探すなら「医師求人 精神科」で検索。

資格取得を目指せる精神科からの医師の求人

他の診療科目と同じ様に、精神科からの医師の求人においても、認定医や専門医の資格取得を目指している人もいます。資格取得を目指せる精神科からの医師の求人もあります。

これからも、この科目で活躍していきたいと考えるなら、資格取得を目指せる精神科からの医師の求人を選んでおく事で、専門性を追求する事ができるでしょう。

資格取得を目指せる精神科からの医師の求人は、学べる環境が整えられている事もあります。勉強熱心なドクターであれば、資格取得を目指せる精神科からの医師の求人が適している事もあるでしょう。

資格があれば、開業したりする場合でも、患者さんの信用を得やすいという利点があります。

医師を捜す病院

医師求人、募集について

勤務条件を確認して希望に沿った医師求人情報を集めよう。都心や地方など全国の勤務地から選択できます。精神科の医師求人や整形外科の医師求人

注目の医師転職先

将来のビジョンに向かって医師転職。美容外科の医師転職など。

医師バイト

非常勤医師アルバイトからスポット医師バイトまで、支援サービスを利用して効率良く働こう。

スクラバーや散気管