お医者様のお仕事探し、便利情報

医者不足は今や全国的になっています。都心でも、医師を捜す病院も多くなってきております!

TOP > 医師求人 医師転職 医師募集における医師バイト 医師バイト

医師バイトの目次

  1. 医師バイトを探す方法
  2. 医師バイトで必要になる資格とは
  3. 医師バイトで必要になる免許とは
  4. 医師バイトは収入が良いです
  5. 医師バイトの求人について
  6. 医師バイトの求人情報
  7. 医師バイトが必要な理由とは
  8. 精神科の医師バイトについて
  9. 医師バイトで相談できるエージェント会社の担当者
  10. 目的に応じた医師アルバイト
  11. 医師バイトで見つける女性医師の多様な働き方

医師バイトを探す方法

医師という職業は、正社員としての雇用が一般的ですが、近年は正社員に限らずアルバイトやパートでの医師求人も増えています。総合病院や大学病院、また個人経営の病院やクリニックなどでは、担当の医師が不在時の代理として、医師のアルバイトを募集している病院も多く見られます。

医師のアルバイトやパートは、定められた期間の日勤や午前中のみの勤務、集団検診などの単発の仕事、夜勤や当直などです。正社員と違い、医師バイトは短い時間働くことができるので、育児休暇明けの医師が社会復帰のために働いたり、常勤と掛け持ちしながら医師バイトも行うことで、収入を増やしているケースなど様々な理由で働く人がいます。

仕事を探すためには、ハローワークに足を運ぶという方法もありますが、医師のアルバイトやパート求人はほとんどが非公開求人となっています。そのため、ハローワークのような通常の手段で医師求人を見つけるのが難しいという特徴があります。

手軽に医師求人を探したい時には、医師や看護師など医療従事者専門の求人サイトに登録する方法があります。コンサルタントが付くことにより、希望の条件を伝えれば医師求人を探してくれるので、時間をかけることなく求める情報を得ることができます。

mconnection.jp は医師アルバイト、医師バイト求人サイトです。

医師バイトで必要になる資格とは

高報酬をうたわれる資格として弁護士や公認会計士などがありますが、その中でも突出しているのが医師免許です。高度の専門的な知識と技量が必要とされる職業だけに、医師のアルバイトも相応に高額の報酬があります。同じバイトであっても、コンビニや飲食店とはレベルが相当に違います。

医師アルバイトであれば、おおよそ、時給10,000円と言うのが相場です。もちろん、より専門性が高い医師ともなると、より高額の時給になるものです。世間一般でのバイトですと、販売系であれば1,000円を超えないというのが通例ではないでしょうか。

医師バイトの実際の仕事内容ですが、時間帯で見ますと、昼間の外来対応と夜間の当直対応の2つに大きく分けられます。日中での外来対応は、午前中のみの診察か、あるいは、終日の勤務かになります。午前中だけあっても1日40,000円ですから、相当な高報酬となります。

他方、夜間の当直対応は、医療スタッフの数が少なくなる夜から朝にわたって、患者の容態変化を処置する役目を果たしています。つまり、患者に異常がなければ、当直室で睡眠をとることができるのです。相場は一晩で約40,000円です。

このように考えますと、仮に1日8時間の医師バイトを週に5日間行いますと、単純計算で年収が約2,000千万となるのです。医師免許の資格さえあればバイトは可能ですので、大変な高額報酬となります。

医師バイトに関連する記事

医師バイトで必要になる免許とは

医師バイトで必要になる免許があるとすれば、それは医師免許であると言えます。医師が医師であると証明するための証であるため、どのような仕事をする場合であっても重要な役割を担うことになります。しかしながら医師バイトの中にはそのような基本となる資格の他にも高い専門性を示す何かしらの資格がアルバイト行う上で必要になる場合もあるのです。

例えば産業医として仕事をするのであればそれがアルバイト的な位置づけであったとしても産業医である証が必要になります。これは医師の資格とは別の存在であり、産業医活動をするうえで要求される場合がありますので提示することが出来るように準備しておく必要があります。

また専門性の高い仕事に従事する場合には専門医の資格が要求される場合もあります。その資格がなければできないという仕事ばかりではありませんが、信頼を得るために必要となるケースが少なくありません。そのため専門医の資格を持っている場合にもいつでも提示することが出来るように準備しておかなければなりません。これらの様に基本となる医師国家資格の他にも様々な認定資格がありますので、必要に応じて求められるものが生じる場合があるということを把握しておかなければなりません。

メニュー

HOME   医師募集   医師求人眼科   医師求人   医師求人精神科   医師転職   医師バイト   スクラバー   散気管

医師求人、医師転職、医師募集、医師バイト、非常勤医師アルバイト、スクラバー、散気管について興味のある方はこちらを見てください。

医師求人、医師転職、医師募集、医師バイト、非常勤医師アルバイト、スクラバー、散気管の記事以外のお問い合わせはこちら

平成30年(2018年)度医師国家試験予備試験

医師法(昭和23年法律第201号)第10条第1項の規定により、第113回医師国家試験が施行されます。

医師国家試験予備試験基本情報

試験期日第1部試験(筆記試験)
2018年6月14日(木曜日)
第2部試験(筆記試験)
2018年9月21日(金曜日)
第2部試験(実地試験)
2018年11月5日(月曜日)
または、2018年11月6日(火曜日)
試験地第1部試験 東京都
第2部試験 東京都
受験手数料35,000円
受験に関する書類の受付期間、提出場所等

第1部試験は平成30年5月2日(水曜日)から5月23日(水曜日)まで。第2部試験は同年8月1日(水曜日)から8月22日(水曜日)までに提出すること。

<提出先・お問い合わせ先はこちら>

〒100-8916
東京都千代田区霞が関1丁目2番2号 厚生労働省医政局医事課試験免許室
電話番号03(5253)1111 内線4143
FAX番号03(3503)3559

※詳細については厚生労働省サイトをご覧ください。
資格・試験情報 平成30年度医師国家試験予備試験
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/yobi.html

医師バイトは収入が良いです

医師バイトは他の職業と比べた場合はもちろんですが、常勤の医師と比べた場合でもかなり収入が良いです。医師バイトは時給がかなり高く、日当に直したら常勤医師と同じ程度になります。

医師バイトの場合でも住宅手当や通勤手当などはもちろん、学会への参加費用なども支給されます。医療法人にもよりますが、学会へ出席した際のホテル代なども支給される場合があるので、学会に参加する際のお金は心配する必要はありません。中には食費まで支給してくれる場合もあります。職員旅行の際には旅費を支給してもらえる場合もあるので安心です。

医師バイトの求人について

医師の仕事は24時間体制になり、人命もあずかる仕事ですので非常に過酷です。また、特殊な仕事ゆえに他者から理解を得るのも大変です。少し前までは医師求人を探すのも一苦労で、知人の医師の紹介などが一般的でしたが、近年では医師の求人も増え、医療のコンサルタントやエージェントが現れ、担当者が付きますので、彼らの好みに合わせてマッチングをしてくれますし、公表されていない医師求人も紹介してくれます。

意外とニーズが高いのが医師バイトの求人です。日勤との掛け持ちをしたい医師や、駆け出しの研修医が求人を探していますので、自分にあった医師求人を探すことが大切です。

医師バイトの求人情報

医師バイトの求人情報は、インターネット上でも検索できるようになっています。具体的な施設名、診療科、所在地、時給などで検索できます。

現代は生活が多様化し、食事、仕事についても変化しています。このような状況で、精神的な病に倒れる人が増加し、例えば精神科の医師バイトの求人は、急激に増加しています。

常勤医と違って、時給で給料が計算され、フレキシブルな勤務することが可能です。もちろん、内科、小児科、外科といった一般的な診療科の医師求人もあります。

公立病院、健診、私立病院、診療所、老人福祉施設など様々な施設での医師求人が見つかるでしょう。

医師バイトが必要な理由とは

なぜ一般に医師と呼ばれる人の他に医師バイトの募集がつきずにあるのでしょうか。大きな理由の一つとしては入院患者を診ている病院は、24時間医師が一人でもいいので病院の中にいなければならないという法律があることです。

10人先生がいたとしても10日ごとに夜勤が回ってくることになり、通常勤務も合わせると一人の医師への負担が多大なものになってしまいます。しかし医師バイトの人が日替わりで1人ずつでも他の病院から来てくれれば、元々働いている勤務医の負担を軽くすることができ、睡眠不足や体調が悪い人が無理に残り必要がなくなり、より安全な治療を患者さんにも提供することができます。

精神科の医師バイトについて

医師バイトを探すなら、医師専門の求人サイトで探すべきでしょう。医師は特殊で、専門性の高い職種です。それ故に求められるスキルも医院によって片寄っている場合が少なくありません。

また、探す側の希望もありますのでマッチングは困難な場合が多いです。しかし、医師求人専門のサイトならば医師バイトも数多く求人があるので見つけやすいといえます。精神科なら特に専門サイトが役に立つことでしょう。

この時にポイントなのが、一つのサイトに執着しないということです。数多くある医師募集案件の全てを一つのサイトが網羅しているわけではありません。数社のサイトに登録することによって自分の希望に合った医師バイト先を発見しやすくなります。

また、サイトには専門のコンサルタントがいる場合が多いので、登録の仕方によっては相手側から自分に合った働き先を斡旋してくれる場合もあります。医師バイトを探している方は本業の合間にもう少し稼ぎたいという方も多いと思います。制約が多い中で探すには大変な労力がかかると思いますが、インターネットで専門のサイトに登録することによって労力を格段に減らすことができます。まずは自分にどのような希望があるのかを明確にすることが重要です。

医師バイトで相談できるエージェント会社の担当者

医師のアルバイトには決められた曜日に勤務する定期非常勤として働く方法と、その日限定のスポット勤務があります。

定期非常勤の一時間の相場は1万円と言われているため、高所得を狙って医師バイトを続けている人もいます。

当直や時間外でも対応できる医師であれば、さらに医師転職先の幅も広がるものです。ですが、時間や病院内の事情に制約されたくない医師であれば、その点について確かな情報を得ておくことが大切です。

求人募集で記載されていた内容と実情が違うケースもありますから、医師転職先を絞りこむ前に、実態を確認しておくことが大切です。その際に相談にのってもらえるのがエージェント会社の担当者です。

会社名日本メディカルコネクション株式会社(JMC)
所在地〒102-0082 東京都千代田区一番町13-2
最寄駅東京メトロ半蔵門線
半蔵門駅徒歩すぐ。
TEL03-6272-6155
名古屋支社〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目11-25
アーク栄錦ニュービジネスビル6階
TEL052-957-5885
ホームページhttps://mconnection.jp/
医師バイト、医師アルバイト求人サイト

目的に応じた医師アルバイト

医師の求人サイトが普及してきたこともあり、インターネット環境さえあれば簡単に仕事探しができるようになってきています。医師求人内容についても、常勤、非常勤、あるいは医師アルバイトというように医師の働き方もさまざまであるようです。

最近ではキャリアアップや収入アップのためにアルバイトをする医師も増加してきているようです。通称医師バイトといわれるものですが、高齢化などの時代のへんかに伴い、在宅医療の医師アルバイトが一番高額であるようです。医師という特殊な仕事であるからこそ、病院だけでなくあらゆる場所で需要があるのかもしれません。

精神科の医師募集を探すなら「医師求人 精神科」で検索。

医師バイトで見つける女性医師の多様な働き方

出産や育児でやむを得ず職場を離れてしまう女性医師は多くいます。身の回りが落ち着いて再度働こうと思った時、幼い子どもを抱えてフル勤務は難しいと躊躇したら、医師バイトという働き方があります。

大病院などでは、非常勤医師といった形で医師アルバイトを募集していることがよくあります。

定期的に働くことが難しそうな場合は、健診医師の医師バイトとして働くこともできます。所属する科によって受け持つ健診は異なってきますが、一般健診や小児健診、婦人科健診など様々な健診があるので、気になったらチェックしてみると良いでしょう。短時間でも医師という貴重なキャリアを活かして働けます。

金沢静脈瘤クリニック院長/近藤五郎医師出演『スペシャリスト~下肢静脈瘤治療に挑む専門ドクター』

金沢静脈瘤クリニック院長の近藤五郎医師出演が北陸朝日放送の特別番組『スペシャリスト~下肢静脈瘤治療に挑む専門ドクター』で特集されました。

公開日:2019/09/17

医療法人 梅華会 梅岡比俊が求める人物像

兵庫県の耳鼻咽喉科、小児科の医療法人 梅華会グループ医師求人動画です。

公開日:2017/04/04

医師を捜す病院

医師求人、募集について

勤務条件を確認して希望に沿った医師求人情報を集めよう。都心や地方など全国の勤務地から選択できます。精神科の医師求人や整形外科の医師求人

注目の医師転職先

将来のビジョンに向かって医師転職。美容外科の医師転職など。

医師バイト

非常勤医師アルバイトからスポット医師バイトまで、支援サービスを利用して効率良く働こう。

スクラバーや散気管